ホーム > おもしろ > 経験の浅い人

経験の浅い人

外国為替証拠金取引の経験の浅い方がマーケットの肝心なところを見つけるには学習を積む事が重要です。

 

特に、先にリスクを気付くようになるためには、間違いをすることも経験のひとつです。

 

当然、損をするといっても大きなミスをする事は出来ません。

 

ちょっとした過ちを何度も積み重ねることが、結果として自身の経験を増やしてくれる。

 

この考えではまずは少額で取引を行いそこで小さな負けを経験することをおすすめします。

 

一例として、100万円しか投資する事が出来ない状態ではじめに全て投入して売り買いするとマイナスになった時二度と取り返せない恐れがあります。

 

そのため、一例として資金の1割ずつ分割して売買して、これによってエントリーを経験した方が、次第にミスを減らす手段なども身についていくはずである。

 

まずはじめに少ない額で取引する事の良い点は、既出の通り、あなたの経験値を高め、マイナスを制御する手法を身に付けていく事にありますが、それと同時に、売り買いの回数を重ねて、不確実性を小さくできるという長所もあります。

 

一例として、1度だけの売買で利益を上げられる確率が50%だと考えます。

 

言い換えると、同じく5割の確率で負ける可能性もあります。

 

勝率5割ということは。

 

2回に1回の可能性で利益が出る事を示しています。

 

だけど、全部の資金を使って1回のみのエントリーをするということは勝ちか、負けの片方になってしまいます。

 

これでは1回だけの賭けと同じです。

 

つまり、全ての財産を投じて1回しか売買しないと、これだけでは負ける可能性が大きくなります。

 

それだけに、資金を1回にすべてつぎ込むのではなくいくつかに分けて機会を積み重ねる事がリスク分散となる。

 

そして少しずつ分けたとしても全部にプラスにする必要はない。

 

正確に言うと、全て勝つことは出来ないのが実情です。

 

勝負で肝心なのは勝率ではなく、どれだけ利益を出すかです。

 

勝率が2分の1でもたとえ勝率3割でも利益を出す事は出来ます。

 

5割以上負けても損益が小さければ、3割の勝ちの儲けの大きさでうまく儲けられる。

 

そのために不可欠な事は、損失を小さく、利益を大きくを気をつけておくことです。

 

損益が出たら素早く損切りして、それとは逆に利益を上げられる時には上手にプラスにする事がFX初心者がFX投資でプラスになるための神髄です。

 


関連記事

  1. デメリットが多い

    免責不許可事由というのは破産宣告の申立人にこれこれの要件に含まれるならば債務の帳...

  2. 経験の浅い人

    外国為替証拠金取引の経験の浅い方がマーケットの肝心なところを見つけるには学習を積...