ホーム > ニュース > 余裕を持つことの大切さ

余裕を持つことの大切さ

民事再生は住宅のためのローンを含めて複数の債務に苦しめられている方をターゲットとして住居を維持しながら経済面で再建するための法的な機関による方法として施行された選択肢です。

 

民事再生には、破産手続きとは違って免責不許可事由はありませんので賭博などで債務ができたのであっても手続きはOKですし破産をしてしまうと業務が行えなくなるリスクのある免許で仕事をされているような場合でも制度の利用が可能になります。

 

破産申告では住んでいるマンションを手放さないことはできませんし任意整理等では、借金した元金は戻していかなくてはなりませんので住宅のためのローンもある一方で返済をしていくことは多くの場合は難しいでしょう。

 

ですが、民事再生という方法を取ることができれば住宅のためのローンを除いた借入金は少なくない負債を減らすことも可能なため、余裕をもって住宅のローンを払いつつ他のローンを払い続けるようなこともできるというわけです。

 

しかしながら、民事再生による解決は任意整理による処理特定調停などと異なって一部の負債を省いて手続きすることは不可能ですし、破産宣告の際のように返済義務それそのもの消えるわけでもありません。

 

それに、別の方法と比べても若干複雑で期間もかかりますので、住宅のためのローンを組んでいて住居を維持したいような場合等以外の破産手続きのようなそれ以外の整理ができない場合だけの限定的な手続きとしておいた方がいいでしょう。

 


関連記事

  1. 爽やかな秋晴れ☆

    今日は錦織君残念でしたね。でも準優勝は立派です!あそこまで勝ち上がったというのが...

  2. 余裕を持つことの大切さ

    民事再生は住宅のためのローンを含めて複数の債務に苦しめられている方をターゲットと...